ハイスピード学習法 本部

札幌本部
札幌市豊平区月寒中央通9丁目3番37-2号
011-859-3085

カリキュラム

イラスト001 <レベル1~レベル2>
 毎回、コンピューターを使った速読訓練、書き速度を上げる訓練、計算速度を上げる訓練を行います。

 特に重要なのは速読訓練で、当初3カ月以内に、難関校の受験に必要とされる読書速度である1分間で3,000文字が読めるようにトレーニングを行います。

 書き速度は毎回同じ文章を1分間で何文字書き写せるかを計測します。レベル1の目標は1分間で100文字以上の書き速度です。 計算速度はたし算、かけ算、ひき算の100マス計算で計測します。レベル1の目標は各2分以内で計算することです。

 

 以上のように速読力、速記力、速算力を身に付けながら、これを学習に活かす訓練が5分間集中学習です。 自分のレベルに合わせてスタートし、身に付けたスピードを実際に活かすためのトレーニングです。ポイントはできるだけ早く、全問正解するまで繰り返し行うことです。 速読力、速記力、速算力が上がってくると、5分間で多くの問題をこなせるようになります。

 達成感が大きく、短い時間に集中して学習できるようになります。 これを続けて行くと自然にレベル2に近づいて来ます。 レベル2では、読書速度10,000文字以上、書き速度150文字以上、計算速度1分以内が目標となります。 当然、年齢や元々の資質、スクールに通う回数などにより、レベル2に到達する期間に違いがありますが、続ければ必ずレベル2に到達できるように指導します。

 実際に、続けた子供のほとんどはレベル2に到達しています。 基礎能力がレベル2に到達した生徒は、5分間学習法で大量の問題をこなせるだけではありません。 記憶力が上がり、何事も早くこなせるようになっています。 中学生の社会科の教科書1冊を15分かからずに読めるようになっています。

 話が少し横道にそれます。 「早く読むと内容が理解できないのではないか」と言う保護者の方が人がいます。これは、訓練をされたことのないこのレベルでない方の心配です。 実はゆっくり読んだからといって、1回の読書で全部が記憶できる訳ではありません。 普通は時間がかかるので1回しか読めませんが、レベル2の人は同じ時間で10回以上読めます。実際にスクールでは、教科書の10回読みや20回読みに挑戦してもらいます。同じものを10回読むとかなり記憶できます。 これが、自然に成績が上がる理由のひとつです。 実はこのレベル2までがハイスピード学習法の基礎レベルです。 学校の成績を上げる。受験対策。資格の取得などはこのレベルで十分ですが、是非、この先に挑戦して下さい。

 

<レベル3>

 レベル3では、自分が満足できる人生を送るために、身に付けた脳力を実践の場で活かすトレーニングを行います。 記憶術や多次元学習法など特別なカリキュラムが用意されています。 学校の勉強ができる=頭がよいことだとは限りません。 自分で考える力、コミュニケーション能力を養うこと、様々な経験を積むことなどが重要です。 当スクールでは年間を通じてそういう訓練や経験ができるイベントを企画する予定です。 次世代を担う社会に貢献する人材を目指してください。
 

トップページに戻る